斎藤一人 名言

どうもこんにちは。おっぽさんです。

今日も晴れましたね。

天気が良かったので、仕事の合間にガソリンスタンドで洗車したんです。

が、高速道路を走ったらフロントが虫だらけに。。

過ぎてしまったことはいい経験したなと思う。それしかないんです。

これ、斎藤一人さんの名言なんですが、確かに!って思います。

斎藤ひとりさんの話では、苦労話をする人は本当の苦労をしてない。

本当の苦労をしちゃうと口に出すのも嫌になる。

だから、本当に苦労がイヤになったときは「あのときはいい経験したなあ」になるっていうお話です。

生きてれば、そりゃちょっとした失敗から大きなミスまで、いろいろやってしまうことありますよね。

失敗しない人なんていないですから。

だけど、何度も失敗しちゃうと、もう失敗したくないと思って、あまり新しいことに挑戦しなくなっちゃうことってないですか?

新しいことにチャレンジしなければ、失敗はしませんけど、成功も達成もしない。

でも、それはもったいないです。

「過ぎてしまったことはいい経験したなと思う、それしかないんです」

っていうのは、まさに、

  • 大きな失敗をしたとき
  • 自分が傷ついたとき
  • 誰かに迷惑をかけてしまったとき

でも「いい経験したな」と思うようにしましょうってことですよね。

本当、それしかないんです。

悔やんでも、落ち込んでも、時間は戻らない。

だったら、「いい経験したな」と思って、次は失敗しないように、傷つかないように、人に迷惑をかけないように、どうすればいいか考えた方が建設的ですよね。

斎藤ひとりさんの本はたくさん出てますが、どれもすごい読みやすくて、しかも名言がたくさん載っています。

最近読んだのがこれです。

仕事と人生 [ 斎藤 一人 ]