いつやるか?今でしょ!

どうも、こんにちは。ジブンです。

昨日の記事ではこのブログのコンセプトを思い出したので、備忘録的に記事にさせてもらいました。

「いま、ここ、自分を生きようぜ!」っていうことを伝えること。

で、今日はその「いま」について、ちょっとお伝えしようと思います。

今を生きる。って、まあ当たり前っていうか、今生きてるし…て思うでしょ。

でも案外多くの人が、「いま」を生きてないんです。っていうか、僕自身がけっこう長いこと「過去」とか「未来」に生きてたんで。

過去とか未来に生きるってどういうことかって言うと、たとえば僕の場合、だいぶ昔の話なんですけどね。

1999年に世界が滅ぶっていう、ノストラダムスの大予言てのがあったんですね。その当時、僕は23歳だったんだけど、けっこうその予言を信じちゃってて。

バカみたいだけど、どうせ世界が滅ぶなら、いま頑張って働いたり、やりたくないことに時間を使うなんて意味がないって思ってて。

それで、仕事も適当にやってたし、ちょっと仕事で嫌なことがあればすぐに辞めてみたり、みたいな感じだったんですね。すべてが投げやりな感じ。

結局、無事に2000年がやってきて、あれちょっとまて・・・みたいな(笑)。

当時の僕は、「いま」じゃなくて「みらい」を生きてたわけ。「みらい」を生きてたって言うと、なんかかっこよさげだけど、要は将来の不安にとらわれてただけ。

どうせ世界が滅ぶとしても、別にその前にやりたいことを全力でやるでもなく、やりたくないことをスッパリやめるでもなく。無気力に生きていただけっていう。

他にも、いろいろあったと思うんだけど、残念ながらあんまり記憶力が良くないので、思い出せないや。

でね、将来の不安とかって、多分けっこう多くの人が抱えてると思うんですよね。年金2000万円問題とか、アフターコロナとか。

そういう将来の不安て、ただ心配しててもどうしょうもないし、その不安から逃げようとすると、「いま」の行動がおかしなことになっちゃうんですよね。以前の僕みたいに。

それは、過去の後悔とかトラウマとかも一緒で、自己嫌悪とか自分を卑下したりとかしちゃうと、QOL(クォリティオブライフ)が下がっちゃう。

じゃあ、将来の不安とか、過去のできごとを思い出して気持ちが落ちたときにどうすればいいのか?っていうのが、「いま、ここ」に戻ってくるってことなんだよね。

「自分はいま、ここに生きてる」って、口に出して言ってみるだけでいい。

嫌な過去っていうのはもう過ぎたことだから、考えても意味がないし、不安な未来ってのはまだ起きてないことだから、これも考えても意味はない。

結局、自分が行動できるのは「いま」しかないんだってことを思い出せばいい。

「いつやるか?」「いまでしょ!」って、流行ったよね。

まあ、それはどうでもいいけど。でもほんと、「いま」しかないのは間違いない。タイムマシーンができたら、話は別なんだけどね。

そうそう、「いま」ってのは今までの行動の結果ではあるんだけど、今からの行動は、今までの続きじゃなくてもいいんですよ。

わかりにくいかな。んー、

「今までこうやってきたから、これからも同じようにしなくちゃいけない。なんて決まりはない」

ってことです。

だから、もしいま、自分の現状に不満があるなら、その不満は今までの行動の結果なわけだけど、その行動をこれからも続ける必要はないってこと。

たとえば、いまの仕事の給料が少ないってことが不満なら、給料が高い会社に転職するとか、副業を始めるとか、独立起業するとか、いろいろとできることはあるでしょ?ってこと。

でもやらなかったわけじゃん、今ままでは。

それは、いろいろと理由があったのかもしれないし、単にめんどくさいからやらなかっただけかもしれないけど。

「いや、いつかなんとかしようと思ってるよ」って、聞こえてきそうだけど、いつですか?って話で。

っていうね。(笑)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA