映画アフター・アースを見た結果

今日、アフター・アースっていう映画を見ました。

正直、評価があまり高くなかったから期待せずに見たんだけど。ウィル・スミス出てるから。

見終わった感想としては、息子が素直じゃないし、ヘタレだしで「おいおい」って感じなんだけど、最後はなぜか覚醒してアーサを倒しちゃうっていう、 ちょっと無理やり過ぎなエンディングじゃね?って感じでした。

でまあ、内容はともあれ、映画の中でウィル・スミスが言ってたことが、今ここ自分に通じるなぁと思ったので紹介します。

「未来への不安が我々の恐怖を生み出す」

これです。

恐怖ってのは、未来への不安から感じるもの

未来への不安てのは、ほとんどの場合、単なる想像、妄想にすぎない。だけど、その想像とか妄想が、現実と区別できなくて恐怖を感じる。

じゃあ、恐怖を克服するにはどうすればいいの?って話だけど。

もう答えは簡単な話で、備えればいいだけなんですよね。

もしこうなったら・・・っていう不安があるなら、それに備えればいい。

もし会社が倒産したら・・・っていう不安があるなら、今から起業のための準備をするなり、副業を始めて収入の柱を増やすなりすればいい。

もし告ってフラレたら・・・っていう不安があるなら、フラレても大丈夫なだけのメンタルを鍛えるとか、ね。(笑)

なんにしろ、不安に思っていることっていうのは、まだ起きてないことなわけで、まだ起きてないことを不安に思って何もできないっていうのは、すごくもったいない。

不安に思ってることが実際に起きたとして、最悪の場合を考えてみる。で、その最悪な場合っていうのがどのくらいのリスクなのか、許容できるのか、できないのか?

許容できないのであれば、できるだけそのリスクを小さくするためにできることは何なのか考えて、今から備える。

実際問題、できることはそれしかないわけで、今からできることを少しずつやっていくしかないわけです。

てこと、またすごいつまんない話になっちゃったけど、当たり前のことを当たり前にやるしかないっていう、お坊さんの説教のような話でした。(笑)

いつやるか?今でしょ!

どうも、こんにちは。ジブンです。

昨日の記事ではこのブログのコンセプトを思い出したので、備忘録的に記事にさせてもらいました。

「いま、ここ、自分を生きようぜ!」っていうことを伝えること。

で、今日はその「いま」について、ちょっとお伝えしようと思います。

今を生きる。って、まあ当たり前っていうか、今生きてるし…て思うでしょ。

でも案外多くの人が、「いま」を生きてないんです。っていうか、僕自身がけっこう長いこと「過去」とか「未来」に生きてたんで。

過去とか未来に生きるってどういうことかって言うと、たとえば僕の場合、だいぶ昔の話なんですけどね。

1999年に世界が滅ぶっていう、ノストラダムスの大予言てのがあったんですね。その当時、僕は23歳だったんだけど、けっこうその予言を信じちゃってて。

バカみたいだけど、どうせ世界が滅ぶなら、いま頑張って働いたり、やりたくないことに時間を使うなんて意味がないって思ってて。

それで、仕事も適当にやってたし、ちょっと仕事で嫌なことがあればすぐに辞めてみたり、みたいな感じだったんですね。すべてが投げやりな感じ。

結局、無事に2000年がやってきて、あれちょっとまて・・・みたいな(笑)。

当時の僕は、「いま」じゃなくて「みらい」を生きてたわけ。「みらい」を生きてたって言うと、なんかかっこよさげだけど、要は将来の不安にとらわれてただけ。

どうせ世界が滅ぶとしても、別にその前にやりたいことを全力でやるでもなく、やりたくないことをスッパリやめるでもなく。無気力に生きていただけっていう。

他にも、いろいろあったと思うんだけど、残念ながらあんまり記憶力が良くないので、思い出せないや。

でね、将来の不安とかって、多分けっこう多くの人が抱えてると思うんですよね。年金2000万円問題とか、アフターコロナとか。

そういう将来の不安て、ただ心配しててもどうしょうもないし、その不安から逃げようとすると、「いま」の行動がおかしなことになっちゃうんですよね。以前の僕みたいに。

それは、過去の後悔とかトラウマとかも一緒で、自己嫌悪とか自分を卑下したりとかしちゃうと、QOL(クォリティオブライフ)が下がっちゃう。

じゃあ、将来の不安とか、過去のできごとを思い出して気持ちが落ちたときにどうすればいいのか?っていうのが、「いま、ここ」に戻ってくるってことなんだよね。

「自分はいま、ここに生きてる」って、口に出して言ってみるだけでいい。

嫌な過去っていうのはもう過ぎたことだから、考えても意味がないし、不安な未来ってのはまだ起きてないことだから、これも考えても意味はない。

結局、自分が行動できるのは「いま」しかないんだってことを思い出せばいい。

「いつやるか?」「いまでしょ!」って、流行ったよね。

まあ、それはどうでもいいけど。でもほんと、「いま」しかないのは間違いない。タイムマシーンができたら、話は別なんだけどね。

そうそう、「いま」ってのは今までの行動の結果ではあるんだけど、今からの行動は、今までの続きじゃなくてもいいんですよ。

わかりにくいかな。んー、

「今までこうやってきたから、これからも同じようにしなくちゃいけない。なんて決まりはない」

ってことです。

だから、もしいま、自分の現状に不満があるなら、その不満は今までの行動の結果なわけだけど、その行動をこれからも続ける必要はないってこと。

たとえば、いまの仕事の給料が少ないってことが不満なら、給料が高い会社に転職するとか、副業を始めるとか、独立起業するとか、いろいろとできることはあるでしょ?ってこと。

でもやらなかったわけじゃん、今ままでは。

それは、いろいろと理由があったのかもしれないし、単にめんどくさいからやらなかっただけかもしれないけど。

「いや、いつかなんとかしようと思ってるよ」って、聞こえてきそうだけど、いつですか?って話で。

っていうね。(笑)

ブログのテーマとコンセプトを思い出しました

どうも、こんにちは。ジブンです。

昨日から書き始めたこのブログですけど、さっそくね、ネタに困ってます(笑)。

ブログを更新し続けるコツとかって、あるのかなぁって思って、ググってみたんですけどね、まあ当たり前というか、そりゃそうだよねっていう様なものしか見つからなかったんで、当たり前のことを当たり前にやるしかないのかなっていうね。

で、継続は力なりっていいます。

松下幸之助さんも、「成功とは成功するまでやり続けることで、失敗とは成功するまでやり続けないことです。」って言ってたっぽい。

正直、それはちょっとずるい言い方だな、って思うけど。

でもまあ、成功するまで続けなさいよってことは、理解できる。途中でやめちゃうから成功できないっていうパターンは、けっこう多い気がするし。

そもそも、成功の定義っていうか、「こうなったら成功」みたいなゴールを、最初にちゃんと決めておかないと、どこ目指していいか分かんなくなっちゃうよね。

それが多分、途中でやめちゃう理由の一つだと思うわけ。

で、またこのブログのことでアレだけど、このブログのゴールってどこだろうって考えてみた。

とりあえずブログ始めてみたわけだけど、感覚的には「ちょっとジョギングに出てきた」っていう、すごいライトな感じなわけで、ジョギングならゴールは家だよね。

家の周りを一周走ってもどってくる、みたいな。

でまあ、僕の場合、できればビジネスにつなげたいわけです。ブログをね。

と言っても、まだなんのビジネスをしようとか、そういう具体的なことは何にも決まってないし、そもそもこのブログのテーマとかコンセプトっていうのも、まだ曖昧な状態。

一応、ブログのタイトルはイマココジブンってなってるけど、このイマココジブンていうタイトルも、とある起業家が、とある講座の中で話していた事の中で、「今ここ自分しかいないんだぜ!」っていう事を言っていて、すごく感銘を受けたというか、たしかにそうだ!って思って、「今ここ自分」て大事だよなってことで、ブログのタイトル、さらにはドメインにまでしちゃったんだよね。

だから、そもそもこのブログは「今ここ自分」の概念とか、その重要性とか、そういうことを発信していく場として作ったんだったわ、今思い出した。

そうだった。

僕自身を含めて、たぶん多くの人が「あの時こうしておけば良かった・・・」とか、「これからどうなるんだろう。。」みたいに、過去のできごとを後悔していたり、将来を心配したりしてると思うのね。

どこか別の国とか、別の町で起きた事件や事故のニュースを聞いて、自分には関係ないし、どうしようもないのに、そのことを心配したり。

フェイスブックとかインスタとか、そういうSNSで誰かが食べたランチにいいねしてみたり。

でも、それって全部、「じゃない過去か未来の、ここじゃないどこかの、自分じゃない誰かのために時間を使ってる」ってことになる。

つまり、今ここ自分を生きてないってこと。

だから、そういう「今ここ自分を生きていない人」に向けて、「今ここ自分を生きようぜ!」っていう話をこのブログでしていくことが、コンセプトになるのかな。

とはいえ、別にかたくるしい話とか難しい話をしたいわけじゃないし、僕自身難しい話なんてできないから、かんたんて言うと変だけど、気楽な感じで伝えられたらいいなあ、とは思ってます。

あなたは、「今ここ自分」を生きてるって言えますか?

もし、どうかなあ。。って思うなら、今から「いま、ここ、自分」を意識してみてくださいね。

今日からブログはじめてみた。

あーだこーだ考えてるより、まずはやってみないとね。

てことで、今日からブログ始めてみようと思いたち、とりあえずなんか記事を書こうと思ってはみたんだけど。

何を書こうかなあと、ツイッターをちょこっとのぞいてみたら、こんなツイート見つけた。

新しいものを始めるときに、怖い感情が出てしまうのは仕方のないこと。 人は本能的に自分の環境を変えることを嫌うので、どうしてもその感情が前面に出てきてしまう。 でも、その恐れを乗り切れなかったら、いつまでも自分を変えていくことはできない。 勇気を持って、新たな第一歩を歩もう。

https://twitter.com/masu1568_blog1/status/1301391143205183489

これ、わかる。

なにか新しいことを始めるのって、ドキドキするし、失敗したときのこととか考えちゃったりして、やっぱやめようかなぁ。。なんて考えてみたり。

このブログだってそうで、まあ、ブログ自体は昔やってたことがあるから、実際はまったくの新しいことじゃないし、失敗っていってもせいぜい途中で更新しなくなる程度のこと。

じゃあ、なんでなかなかブログを始めなかったのか?ってところなんだけど、それは、「どうせ稼げないだろうし」とか、「どうせ続かないだろうし」って思ってたから。

あと、「別に発信したい情報とかもないし」とか。誰かの役に立てるような情報なんてないもんなあって。

だから、まあ別にやらなくても何にも困んないし、いっかなって。

でも、さっき急にやる気が起きちゃって。なんか知らんけど、よし、ブログ始めようって思っちゃったわけ。

おもいたったら吉日って言うし、もうね、あーだこーだ考える前に、とりあえずなんか書こうと思って、今これを書いてるってわけ。

だから、これを読んでる人の役に立てるかどうかは、いまはとりあえず置いとくとして。

あなたが僕と同じように「ブログやろうかなあ、どうしようかなあ」って思ってるなら、とりあえずやってみたらいいよ!って思う。

実はこのブログ、ワードプレスなんだけど。ずいぶん前にエックスサーバー契約して、独自ドメイン使って、作ってはあったんだけど、ブログのテーマとかコンセプトとか、そういうのを全然考えずに作っちゃったもんだから、最初の記事が書けずにずっと放置してあったんだよね。

それももったいないな、っていうのがずっとあったから、動機の要素の一つにはなってるかな。

ということで、今日からブログ始めました。できるだけ定期的に更新していこうとは思ってるけど、まあ、気軽に、やっていこうと思います。

ので、気軽にお付き合いいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。